CADオペレータとして就職するには

CADオペレータの仕事内容について

CADオペレータとは、建築や機械設計などを行う際にCADと呼ばれているソフトを駆使して紙などに描かれた図面をコンピュータ上で電子データ化する作業の技術者であり専門家となります。設計を行うのでは無く、支持された通りの変更や修正、編集を行う事を主とするので、設計士等とは異なり設計そのものを行うことはありません。その為、就職するに際しては使用するソフトに熟練している事が重要であり求人においてもその旨が必須項目となっている場合が比較的多いのも特徴です。

CADオペレータに必要な技術力に関して

CADオペレータとして就職する為の資格は特別必要では無く、むしろ無資格であっても専用ソフトにどのくらい精通しているのか、支持に対して如何に迅速に対応することが可能であるのかと言う点が重要です。

その為、関わっている業種に対しての基礎的知識やある程度の専門用語を把握しておく事が大切です。

作成した図面に僅か1ミリのミスが生じていたことにより、それに従って構築した建造物が倒壊してしまうなどの惨事を引き起きしてしまう可能性もある為に細かい作業と集中力、正確性が求められる仕事となります。

CADオペレーターとしての就職活動

昨今では基本的な図面制作だけで無く、三次元での立体図の制作を求められる事も多い為にCAD以外のグラフィックソフトに精通しているか否かも就職するにあたっての条件記載として見受けられます。

CADオペレーターは専門職である点から、比較的長期に渡って勤続している場合が多い為に求人数はそれほど多くはありません。その為にも技術力を可視化する方法として利用技術やトレース技能に関する資格を取得しておくのは有効的です。

CADオペレーターとはコンピューターを用いて機械部品や建物などの設計図を描く作業を行う人の事を言います。