取得するしかない!?保育士免許を取得するメリット3選

国家資格で無期限で使える

案外知られていない事実ですが、保育士の免許は国家資格で、期限が切れたら使えず、また受け直さなくてはいけないなどということがありません。それどころか、講習を受ける必要もないのです。そのためなかなか時間が取れないスケジュールを組んでしまっていたとしても、保育士免許は一度取得してさえいれば何度でも、そしていつまでも使うことが可能ということです。保育士免許を取得しておくことで、再就職も随分楽になるようです。

子ども関係の職場ならどこでも役立てることができる

保育士免許を取得するための勉強では、子どもとの付き合い方や遊び方をたくさん学ぶことになります。だからこそ、例えば小さい子ども向けのテーマパークの従業員や、おもちゃ売り場の店員さんなど、子どもが関わる職場ではその知識を活かして働くことができます。また、仕事をし始めてからのことだけでなく、始める前も、保育士免許を取得していることを履歴書に書くことで、採用されやすくなります。企業側としても、子どもについてよく知っている人に仕事を任せる方が安心できるためです。

自分が育児をするときにも役立つ

上記でも書いた通り、保育士免許では基本的な子どもの世話やあやし方、叱り方などをしっかり学ぶことができます。それは他人の子どもだけではなく、もちろんどの子どもにも当てはまることです。だからこそ、自分が子どもを授かった際にオロオロと慌てふためくことなく、きちんと落ち着いて育児をすることができます。育児を教える人が少ないと言われている現代、前もってしっかり自分で知識を身につけておけば、それ以上に安心できることはないでしょう。

保育園の求人は色々なところで募集していますが、保育園の建物に貼ってあることもあります。この場合は外から見た保育園の様子がわかるのがメリットです。